ボアリード座金M12φ49

● 直径φ49 の座掘り機能(切り刃)が付いた座金です。
● 座金の締め付けと共に材を削り、座金を材にフラットに納めることができます。
● 専用の締め付け工具のギヤビットが座金に空いている孔(ギヤ形状)を確実につかみ、安定した締め付け作業が行えます。
● 基礎における引張力を受ける座金としての用途だけでなく、梁に羽子板ボルトを止めつける際のせん断力を受ける座金としてもご使用いただけます。
● 座掘りにより生じる木材の断面欠損を最小限に抑えることができます。
● 専用ビットのギヤビットが付いています( 座金50 個につき1 個同梱)。

2016年7月発売

ギヤビットM12用:座金50個毎に1個付き。
※ギヤビットのみの販売もございます。

商品図
取付図
施工例
ボアリード座金M12φ49
商品コード 規格・寸法 入 数 設計価格 記 号
001-3110 M12用座金 200個/ケース 240円 B-LEADZ-49
ギヤビットM12用(別売品)
商品コード 規格・寸法 入 数 設計価格 記 号
001-3012 M12用 1個 500円 GB-12
仕様
材質 JIS G 3507-2 SWRCH6A 相当
表面処理 JIS H 8610 Ep-Fe/Zn8/CM2
試験機関 ( 公財) 日本住宅・木材技術センター 依24-171
短期許容めり込み耐力 (単位:kN)
商品名 樹種
べいまつ類 ひのき類 すぎ類
ボアリード座金M12φ49 10.03 8.69 6.69
※ 座金のめり込み耐力の算出方法は「国土交通省告示第1024号第1の1のイの規定によるとともに、座面積の算出方法は、公益財団法人日本住宅・木材技術センター発行「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008 年度版)」による。

注意点

    ● 座金の耐力を発揮するため、土台および横架材のボルト孔はφ21 以下で加工することを推奨いたします。
    ● ナット部分のねじ掛かりは最低15mm 以上を確保してください。
    ● アンカーボルトはねじ部が土台上端から飛び出さないよう、設置用治具等を使用して適当な長さで埋め込むようにしてください。
    ● 30mm以上の深さの座掘り加工が必要となる場合には、土台の曲げ応力などを十分に検討し施工してください。
    ● 施工の際、あらかじめ座金をアンカーボルトに手で3 山程度掛けてください。掛かりの少ない場合、ねじ山を破損する恐れがあります。
    ● 専用の締め付け工具のギヤビットM12 用(別売品)をご使用ください。

PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左のアイコンからダウンロードして下さい。